看護師に必要な資格

医療機関などで活躍する看護師には、現在大きく分けるとふたつあります。
一般的な看護師、というものと、准看護師というものです。求人などを見ているとこの立て分けがしてあるので、違いがあるのでは、と気付かれると思いますが、実際このふたつには大きな違いがあります。その違いは「資格」です。正看護師、看護師、と呼ばれるものの免許は国家資格で国家試験に合格しなければなれません。いっぽう、准看護師の免許は都道府県知事免許。ただし取得した都道府県でだけ働ける、ということではなく、免許がその都道府県で取得されただけで、全国どこでも准看護師としては働くことが可能です。しかしなぜこのように免許が別になっているのでしょうか。

そこにはその仕事内容が大きくかかわっています。看護師(正看護師)は、医師の指示がなくとも必要な看護師の範疇の医療行為を行えますが、准看護師の場合は、医師の指示や看護師の指示がないかぎり、診療のサポートも療養などのお世話もできません。そういった違いから、就職する場合のニーズも異なりますし、また待遇に関してもずい分変わってきます。さらにスキルアップや昇進についても、看護師は可能性が大きくなりますが、准看護師は看護師の免許をさらに取らない限り、業務の範囲は限られたままとなってしまいます。
しかしいずれも一長一短がありますので、ここでは准看護師の資格とその仕事について、また看護師の資格とその仕事について解説します。

Copyright © 2014 看護師資格について All Rights Reserved.